マンション管理士試験の勉強法

これから、マンション管理士試験に挑戦しようと考えている人のなかには、どの勉強法を選ぶかで悩んでいる人も少なくないかと思います。
そこで、このページでは「独学」「通学」「通信」の各勉強法を、さまざまな観点から比較してみましたので、勉強法選びの参考にしていただければ幸いです。

「費用」で選ぶ勉強法
  独学 通学 通信
費用 ×

マンション管理士の場合、費用に関しては、独学が1~2万円、通信が5~10万円、通学が10万円以上、というのが、おおよその目安になっています。
この不景気のさなか、「費用」も重要な判断材料にはなりますが、どんなに安くても合格できなければ「安物買いの銭失い」になりかねないので、その点は注意が必要です。

「学習の質」で選ぶ勉強法
  独学 通学 通信
学習の質 ×

最近では、市販のマンション管理士試験対策本の質も向上していて、通学・通信のテキストと比べても遜色ありません。しかし、同じテキストでも、ただ読むのと、講義を聴きながら読むのとでは、学習効果には歴然の差があります。
その意味で、独学が非常に不利な勉強法であることは間違いなく、また通信講座に関しても、講義メディアの付かないものはおすすめできません。

「サービス」で選ぶ勉強法
  独学 通学 通信
サービス ×

費用が高いだけあって、通学は、受験生のフォローがもっとも手厚い勉強法です。
わからないことがあれば何でも相談に乗ってくれますし、マンション管理士試験に関する各種情報も積極的に提供してくれます。

●「効率」で選ぶ勉強法
  独学 通学 通信
効率

マンション管理士試験を受験する人の多くが、忙しい仕事の合間を縫っての受験勉強を強いられることになるかと思います。そうした多忙な受験生にとって、費用より何より大切なのが時間、すなわち学習の効率性ではないでしょうか。
「効率」の点でもっともおすすめの勉強法は通信です。受験のプロの手になる充実のカリキュラムの恩恵を、時間や場所に拘束されることなく存分に享受することができます。

>>負担のない勉強でマンション管理士に合格できる方法<<